御徒町ジャンクション

御徒町ジャンクション

プラモブログのような何か

【レビュー】グラコロ2022

生命が誕生した意義

f:id:okachimachi_junktion:20221130114501p:image

 

グラコロの季節がまた

f:id:okachimachi_junktion:20221130114519j:image

2022年11月30日、今年もグラコロの季節が巡ってきました。

今年もグラコロを供給してくれたマクドナルド、全ての従業員の皆様、物流や製造に携わるすべての仕事人たちに深く感謝いたします。

 

グラコロの歴史は1992年に試験販売からスタート、翌1993年4月に通常販売が開始されたことから、来年はグラコロ30周年のメモリアルイヤーとなります。(厳密には2023年4月で30周年)
30周年を間近に控えた今年のグラコロはどのような作品に仕上がっているのでしょうか。早速食べてみましょう。

 

 

今年の限定枠:ふわとろたまご濃厚デミグラコロ

f:id:okachimachi_junktion:20221130115152j:image

今年の限定枠はふわとろたまご濃厚デミグラコロです。

2020年:コク旨ビーフシチューグラコロ

2021年:コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ

に続いて濃厚寄りのソースとなります。

昨年はコロッケの下に仕込まれていたたまごソースですが、今年はコロッケの上にも追加されているようですね。

 

2019年のビーフデミチーズグラコロを最後にチーズ枠が廃止継続となりましたので、ソースを抜いてチーズグラコロにするオフィシャルレギュレーション内でのカスタマイズは今年も不可能です。

 

各自やりましょう。

 

限定枠実食

f:id:okachimachi_junktion:20221130115217j:image

まずは限定のふわとろたまご濃厚デミグラコロをやっていきます。

f:id:okachimachi_junktion:20221130115257j:image

スクランブルエッグ部から香るバター風味が前面に出た、なんともリッチな味わいのバーガーですね。

バターの効いたたまごとデミグラスソースは、オムライスなどでも見るように抜群の相性。

史上最高の出来と言われた2021年に比肩する出来と言って良いでしょう。

 

通常枠実食

f:id:okachimachi_junktion:20221130115457j:image

毎年美味しいですね。

バンズは2016年のグラコロ革命※以降定番となっているふわふわバンズです。

 

※ 2015年までのパサ寄りのバンズから現在のふわふわバターバンズにリニューアルした出来事。

バーガー史のターニングポイント。

 

カスタマイズ

f:id:okachimachi_junktion:20221130235739j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221130235742j:image

基本の味を抑えたうえで、刻んだ岩下の新生姜とチーズを載せて炙るカスタマイズを実施しました。

f:id:okachimachi_junktion:20221130235830j:image

チーズを足しただけだとあまりにもモッチョリした食感になってしまうと思うんですが、岩下の新生姜を足すことで食感と味にアクセントが生まれ、最強になります。

あまりに強いので次回の制限改定では禁止入りする可能性が高いですね。

 

食べようね

今年も100個食べろ

 

 

サヨナラ

【レビュー】ミニプラ トラドラゴンジン&オミコシフェニックス 【スーパー全合体からしか摂れない栄養がある】

f:id:okachimachi_junktion:20221122214025p:image

 

組んだもの

 

前回

okachimachi-junktion.hateblo.jp

 

 

ドンブラ合体シリーズが出揃いました

f:id:okachimachi_junktion:20221122214153j:image

2022年11月21日、ドンブラザーズミニプラ暴太郎合体シリーズ2「トラドラゴンジン&オミコシフェニックスセット」が発売になりました。

昨年のゼンリョクゼンカイオーに引き続いての主要メカ全合体に喜びを隠せません。

 

思えば、近年のスーパー戦隊はルパパト全合体のグットクルカイザーVSXが出た後、リュウソウ、キラメイと全合体がない年が2年続いていました。

その後ゼンカイジャーとドンブラザーズの2年連続で主要メカ全合体が続いているので、来年は全合体をしていただけないかもしれません。

いつまでも、あると思うな全合体。全合体がある年は何がなんでも立体物を手にしたいものですね。

 

それではやっていきましょう。

 

箱を見ていこう

f:id:okachimachi_junktion:20221122234917j:image

今回もセット箱が用意されています。

f:id:okachimachi_junktion:20221122234941j:image

この1セットだけで3つのロボの基本形態と1合体形態、前作ドンオニタイジンと組み合わせることでさらに3つの合体形態を再現することが可能です。

さらに、ドンオニタイジン専用のボーナスパーツも付属。

ドンオニタイジンありきの部分が多いので、今からでも再販強化されるといいですね。

恒例のEX弾にも期待がかかります。クリアとか、重塗装バージョンとか。

f:id:okachimachi_junktion:20221122235328j:image

単品買いしか出来なかった時代は全部揃えるのにいくつものスーパーを回らなければならず、

かと言って箱買いすると何種類か余分に手に入ってしまったりしていたので大変でした。

セット箱が出来たことで欲しいものをピンポイントで1つずつ手に入れやすくなったのは本当にありがたいですね。

 

ドンロボゴクウの作成

f:id:okachimachi_junktion:20221122235707j:image

f:id:okachimachi_junktion:20221122235712j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221122235723j:image

f:id:okachimachi_junktion:20221122235835j:image

ドンロボゴクウのランナーから見ていきましょう。

こちらは4箱完成です。

ドンオニタイジンのシールラッシュと比べるといくぶん控えめなシール面積ですね。

f:id:okachimachi_junktion:20221123000732j:image

A箱の金色シール箇所は面積が広く見栄えに影響が大きそうなので、塗ってしまいます。

使用するのはドンオニタイジンと同じガンダムマーカーEXイエローゴールドです。

f:id:okachimachi_junktion:20221123000129j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123000135j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123000139j:image

該当箇所は上顎、胸の飾り、トラドラオニタイジン時に前垂れになる部分です。

f:id:okachimachi_junktion:20221123000250j:image

前垂れはマスキングテープでのマスキングが難しそうだったので、シール台紙で代用しました。いい感じです。

f:id:okachimachi_junktion:20221123000402j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123000357j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123000352j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123000347j:image

各箱の内容。

特定の箱だけ売れ残ると何にもならないので、バラ売りを買うならなるべくひとまとめで買いましょうね…。

 

ドンロボゴクウの完成

f:id:okachimachi_junktion:20221123000605j:image

4箱分を合体させてドンロボゴクウが完成。
f:id:okachimachi_junktion:20221123000553j:image

このかろうじて四足歩行の獣っぽく見えるの、サファリガオーを思い出しますね…。

 

ドンロボボルト

f:id:okachimachi_junktion:20221123000910j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123000903j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123000916j:image

ドンロボボルトは1箱で完成。

特に塗装はしませんでしたが、爪ぐらいシルバーで塗っても良かったかもしれません。

 

トラドラゴンジンへの合体

f:id:okachimachi_junktion:20221123001118j:image

エイリアン2リプリーみたいな組み込まれ方で合体。

f:id:okachimachi_junktion:20221123001107j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123001056j:image

合計5箱完成のロボ。

脚が長くてカッコいいですね〜。
f:id:okachimachi_junktion:20221123001101j:image

ドンオニタイジンと並べて。

身長はそう変わりませんが、さすがにドンオニタイジンの超ボリュームには敵いません。
f:id:okachimachi_junktion:20221123001123j:image

いかにも動かなそうなのに中のロボボルトと外装がうまく連動してアクションできます。

股関節から下の左右方向ロールがないのでポージング難易度は高め。
f:id:okachimachi_junktion:20221123001113j:image

正面は塗っといて良かった。

 

オミコシフェニックスの作成

f:id:okachimachi_junktion:20221123001653j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123001648j:image

オミコシフェニックスは2箱完成。

ドンオニタイジン用のオプションパーツも付属しています。

f:id:okachimachi_junktion:20221123001842j:image

ドンオニタイジンといえば軍配と椅子。

f:id:okachimachi_junktion:20221123001846j:image

自然に座らせられます。

ミニプラドンオニタイジン発売直後の公式ブログにてこれらを制作していることは明かされていましたが、通常弾に普通に含んでくれて助かりました。

f:id:okachimachi_junktion:20221123001832j:image

ロングバージョンの剣も付属。
f:id:okachimachi_junktion:20221123001827j:image

非常に長いのですが、分解してしまえるので安心です。
f:id:okachimachi_junktion:20221123001837j:image

裏側は肉抜きなので、頑張る方は頑張りましょう。

 

オミコシフェニックスの完成

f:id:okachimachi_junktion:20221123002326j:image

f:id:okachimachi_junktion:20221123002332j:image

オミコシフェニックスは金色部分塗装で完成。
f:id:okachimachi_junktion:20221123002321j:image

金シール箇所は塗装し、赤部分のみシールを使用。

モールドが細かく綺麗なので塗装映えします。

f:id:okachimachi_junktion:20221123002615j:image

セット内容は以上です。

 

トラドラオニタイジン

f:id:okachimachi_junktion:20221123002739j:image

f:id:okachimachi_junktion:20221123002745j:image

ドンオニタイジン+トラドラゴンジンでトラドラオニタイジンにスーパー合体。

ドンオニタイジンの時点で十分ボリューミーですが、合体することで各所が延長され更にボリューム感が増します。
f:id:okachimachi_junktion:20221123002734j:image

※本当は右肩にキジヘッドが付くのですがつけ忘れていました。

f:id:okachimachi_junktion:20221123003108j:image

この後更なる合体を残していますが、すでに11体合体のグットクルカイザーに匹敵する大きさです。

※今度は前垂れをつけ忘れています。合体が複雑すぎる…。

 

ゴールドンオニタイジン

f:id:okachimachi_junktion:20221123003318j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123003323j:image

ドンオニタイジン+オミコシフェニックスでゴールドンオニタイジンに合体できます。
f:id:okachimachi_junktion:20221123003328j:image

顔がかっこいいのですが、ゴールドンオニタイジンでしか使用しないのでもったいないですね。
f:id:okachimachi_junktion:20221123003535j:image

頬の部分は赤成形のパーツに金塗装を実施。

ガンダムマーカーEXの隠蔽力には毎回非常に助けられています。

 

トラドラオニタイジン極

f:id:okachimachi_junktion:20221123003737j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221123003733j:image

最終形態、トラドラオニタイジン極(きわみ)。

身長が一般的なマスターグレードぐらいあるので全くミニではありません。
金ピカで最高です。

全合体でゴテゴテですが、重心が安定しているので普通に自立します。

 

組もうね

f:id:okachimachi_junktion:20221123003727j:image

というわけで2号ロボと3号ロボと全合体でした。

来年も素敵な全合体があることを期待しております。

 

 

 

サヨナラ

【レビュー】ガンダムルブリス リサーキュレーションカラーを通常版と比べてチェックしよう【水星の魔女】

f:id:okachimachi_junktion:20221115104806p:image

 

ルブリスリサーキュレーションを入手しました

f:id:okachimachi_junktion:20221115104830j:image

2022年11月11日からセブン&i限定で順次販売が開始されたガンダムルブリス リサーキュレーションカラーのレビューをやっていきます。

 

今回の製品は過去のリサーキュレーションカラーガンプラセブンイレブンコラボガンプラと比べ販売に際しかなりの混乱を招いていることから、悪い意味で話題になってしまっているところもあります。

 

アニメ機動戦士ガンダム水星の魔女が好評で、今回のプラモも高い需要が予想されたにも関わらず、

・入荷数が直営店以外は2個までと極少で不足

・事前に告知されていなかった予約、取り置き、抽選など、店舗の裁量によって独自の販売ルールを敷くことがあり、混乱

・入荷のタイミングがまちまちでいつ販売が開始されるか分からず混乱

・同時に一番くじまで開始

・買い占め、高値での転売が横行

セブンネットショッピングで予約スタートしたはいいけど秒殺

と、昨今のガンプラ人気に対応しきれていない状況が散見されておりました。

 

ここまでの反響があったからには、オンライン含むガンダムベースでの販売など、何らかの救済措置があるんじゃないかなと思います。

そもそもパッケージにはセブンイレブン限定とは書かれてないですからね。

 

それではやっていきましょう。

 

前回も見てね

ルブリスの詳しい構造については通常カラー版で詳しく解説していますので、そちらを参照ください。

okachimachi-junktion.hateblo.jp

熱心な御徒町ジャンクショナーはもう知ってるね。

 

ランナーを見ていこう

f:id:okachimachi_junktion:20221115105639j:image

ランナーから見ていきましょう。まずはAランナー。

元ルブリスでもネオンじゃないピンクの箇所だったので印象はそこまで変わらず。

f:id:okachimachi_junktion:20221115110037j:image

ライフルから出るビーム刃とビームサーベル刃もクリアネオンピンクになっています。

f:id:okachimachi_junktion:20221115110348j:image

Bランナー。

元ルブリスではグレーだった箇所です。

元々ピンクだった箇所と合わせてピンク率が上昇しますね。

f:id:okachimachi_junktion:20221115110641j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221115110635j:image

CとDランナー。

元々は白い箇所です。

f:id:okachimachi_junktion:20221115111232j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221115111237j:image

サーキュレーション専用シールの他、通常シールも丸ごと付属します。

f:id:okachimachi_junktion:20221115111339j:image

説明書はリサーキュレーション仕様の簡易版のため、GUND-ARMとは?パーメットとは?といった世界観テキストやカラー絵などはオミットされています。

f:id:okachimachi_junktion:20221115111319j:image

エアリアルまではダブルサイドシールの説明に「どっちが発光しててどっちが発光していないか」の記述がなかったので、剥がすまでどっちがどっちか分からない状態だったのですが、しれっと説明が追加されていました。

なお、ルブリスと言えばインモールド成形のシェルユニットが特徴のひとつでしたが、今回のキットでは省かれています。

また、事前の告知CGでは武器保持用の穴が空いていない握り手パーツが付いているかのようでしたが、B1ランナーが通常ルブリスと同じものなので付いていません

 

完成

f:id:okachimachi_junktion:20221115111744j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221115111739j:image

まずは本体。

ピンクとブラックの組み合わせが正解であることは過去ブラックサレナが証明している通りです。

f:id:okachimachi_junktion:20221115112130j:image

バックパックは完全にピンク。

f:id:okachimachi_junktion:20221115112155j:image

レシーバーガンも真ピンク。

f:id:okachimachi_junktion:20221115112240j:image

ビットステイヴ=シールドは真っ黒でたいへん中2。
合体する漆黒の武器とか誰もがノートに書いたと思うんですよね。描いたことある人は手をあげてください。はい。

f:id:okachimachi_junktion:20221115112322j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221115112327j:image

シールド合体。ピンク部分が隠れて†漆黒の盾†になります。

f:id:okachimachi_junktion:20221115112443j:image

バックパックはどピンクでしたが、ビットオンフォームでは黒のアクセントが各所に付くため色のバランスがよくなります。

f:id:okachimachi_junktion:20221115112531j:image

ビームサーベルもピンク。

ブラックライトで発光するらしいんですけどブラックライト持ってないので各自お確かめください。

 

通常色との比較

f:id:okachimachi_junktion:20221115112650j:image

通常色と並べて。

ルブリス自体ストーリー上かなり不穏な存在ですが、リサーキュレーションカラーでは黒基調に印象が大きく変わり、不穏な雰囲気が増しています。

f:id:okachimachi_junktion:20221115112820j:image

シェルユニット部がシール再現なので、インモールド成形版と比べるとやや鮮やかさで劣るところがあります。

価格は同じで、インモールド成形パーツが付いてない代わりに追加シールが付いている…ってところでしょうか。

 

組もうね

f:id:okachimachi_junktion:20221115113251j:image

以上、ルブリスリサーキュレーションカラー。

元ルブリスからして出来が抜群に良いので大満足でした。

 

通常ルブリスとの白黒ミキシングなんかしても面白いと思うので、大量に流通するのを期待したいところですね。

 

 

 

サヨナラ

PS Plusエクストラ以上のゲームカタログにキングダムハーツシリーズが3つ全部入ることになったのでどの順番でやったらいいかとその合間に何をしたらいいか完全解説する

f:id:okachimachi_junktion:20221110232407p:image

 

 

キングダムハーツシリーズがPS Plusゲームカタログに来ます

PS4とPS5の決められたゲームが毎月定額遊び放題のPS Plusゲームカタログに、2022年11月15日からキングダムハーツシリーズが追加されることになりました。

言うまでもなく日本アクションRPG史上に燦然と輝く金字塔であり、これを機会に多くの方が遊ぶことになると思うのですが、さて、キングダムハーツをどの順番で遊んだらいいのか皆さんご存知でしょうか?

 

キングダムハーツは何層にも貼られた伏線と複雑なストーリーが売りの作品でもありますので、最新作から遊んでも何がなんだか分からなくて投げちゃうと思います。

今回は、キングダムハーツシリーズとともに青春を歩んできた筆者が本当に触れるべき順番を書いていこうと思います。

 

やっていきましょう。

 

そもそも何が遊べるのか

今回遊べるようになるキングダムハーツ本編は

1.キングダムハーツHD 1.5+2.5リミックス

2.キングダムハーツ2.8HD ファイナルチャプタープロローグ

3.キングダムハーツ3

の3種類があります。3だけ単独の作品ですが、他はちょっとした事情があるので説明します。

 

1.キングダムハーツHD 1.5+2.5リミックス

元々PS2の時代に始まったキングダムハーツですが、ナンバリング以外に番外編が数多く作られたたため、PS3の時代にそれらと本編をまとめた1.5と2.5が発売しました。

それをさらにまとめつつグラフィックを向上させたものがキングダムハーツHD 1.5+2.5リミックスです。

そのため、この1作品だけでフルプライス作品4作品+α分のパワーがあります。

一作一作が超大作なので、かなり時間がかかると考えた方がいいでしょう。お得ですね。

 

2.キングダムハーツ2.8HD ファイナルチャプタープロローグ

ほとんどの作品は1.5+2.5でカバーできていますが、その間に発売した3DS版の「ドリームドロップディスタンス」とスマホアプリ版の話があぶれたのでそれらをまとめつつ、前日譚の「0.2」を追加した作品です。

1.5+2.5と比べれば大作は1つ。安心ですね!

 

最大限に楽しめる遊ぶ順番

端的に言うと話の時系列順ではなく、発売日順でやるべきだと思います。

先ほども書いた通りキングダムハーツは何層にも貼られた伏線と複雑なストーリーが売りの作品なので、謎が解けていく楽しみがあるわけですね。

ただし、単に発売日順でやればいいというわけではありません。解説していきます。

 

FF7

まずファイナルファンタジー7をやります。実はこれもゲームカタログに入っているのでちょうどいいですね。

しかも、リメイクじゃなくてちゃんと話が終わっているインターナショナルをやってください。クラウドの戦いとセフィロス様をその目に焼き付けてください。

この時点で嫌な予感がしてきてる?

信じて?

 

FF8

次にファイナルファンタジー8をやります。

キングダムハーツ1には主人公スコールが明らかに本編終了後の姿で出てくるので、思い入れが段違いになりますよ。

 

キングダムハーツFINAL MIX (1.5+2.5収録)

FF7と8をやって初めて、キングダムハーツをやる資格があります。

実はFF10のキャラも序盤で出てくるのでやっといてもいいんですけど、それほどストーリーに絡んでこないのでやってなくて大丈夫です。

1の時点で話がそれなりに複雑なのですが、2以降はもっと複雑なのでちゃんと付いてきてくださいね。

 

また、ある程度遊び尽くすことでシークレットムービーが見られます。

2以降の内容を示唆している重要な内容なので、遊び尽くしてください

 

チェインオブメモリーズ (1.5+2.5収録)

上記初代のエンディング直後からの話です。

元々はゲームボーイアドバンスのゲームですが、3Dに描き直されて綺麗になっています。

アドバンス版は主題歌「光」がちゃんと流れる、ボイス入り、ムービー入りとゲームボーイアドバンスのゲームとしてはなかなかのオーパーツなので余裕があれば原作も遊びましょう。

ナンバリングタイトルではありませんが、2に向けて重要な伏線がいくつも張られるのでプレイは必須。

 

キングダムハーツ2 (1.5+2.5収録)

初代とチェインオブメモリーズを遊んでいれば2が遊べます。

同じような名前の奴が何人も出てきますし、何なら同じ名前だけど別人の奴も出てきますが頑張ってください。ここで振り落とされると3に辿り着けません。

 

358/2Days(収録されてませんのでDSを買え)

キングダムハーツ1.5+2.5には映像作品として358/2Days (スリーファイブエイトデイズオーバーツー)が収録されているのですが、本来は主人公が過ごした日々を追体験するアクション RPGです。

というわけでニンテンドーDSを引っ張り出しつつ、DS版を買ってプレイしてください。

ダイジェスト映像なんかでロクサスの日々が追体験できるなどと思わないことですね。面倒なミッション消化の日々も含めてロクサスなのです。

ちゃんとゲームをプレイし終えたら1.5+2.5収録の映像を見ましょう。

 

バースバイスリープ

こちらはPSP版の完全版のリマスター版のリマスター版です。

時系列では古い話なので、1の前日譚に当たります。

 

前日譚に当たるのですが、2の話を理解した上でプレイする必要があるのでこの位置になっています。

3に向けてかなり重要な話をやるので、しっかりプレイしましょう。

 

⑧コーデッド

元は携帯アプリなので原作はもう配信されておらず遊べません。見ておきましょう。

なお、見なくてもそこまで本筋には関わってきませんので、後回しでも問題ないと思います。

 

⑨ドリームドロップディスタンス(2.8収録)

2の続き、かつバースバイスリープの内容も踏まえてプレイする必要があります。

壁を蹴って空をビュンビュン飛べる別ゲーになるので、これに慣れると1や2の動きが遅く感じます。

 

⑩χバックカバー(2.8収録)と0.2(2.8収録)

この2つはいずれも3に向けて付け足された話なので、3より前であればどちらからでもOK。

杉田智和みたいなキャラを杉田智和が演じています。

 

⑪「塔の上のラプンツェル」と「アナと雪の女王」を観る

この後いよいよ3ですが、上記2作品は3において異常なまでに原作再現度が高いです。

観ておいた方がより楽しめます。

 

キングダムハーツ3

ここまで来ればキングダムハーツ3を最大限楽しむことができます!お疲れ様でした。

1年くらいかかると思いますので、ここまでやるのであればセールの時に1.5+2.5と2.8のセットと3を買った方がいいです

 

いかがでしたか

いかがでしたかじゃねえよかもしれませんが、以上が3までを盤石の姿勢で楽しむ順番です。

 

とりあえず11/15以降は初代から初めてみてはいかがでしょうか!大丈夫です!300時間くらいかければ終わると思いますので!!

 

 

 

サヨナラ

【レビュー】YOASOBI 祝福 限定版 デミトレーナー YOASOBIコラボレーションバージョンを惜しみなく組んだ

f:id:okachimachi_junktion:20221109005607p:image

 

冒頭に

今回組んだデミトレーナー、YOASOBI公式さんに掲載いただきました!

ありがとうございます!

 

 

組んで聴いたもの

 

デミトレやっていきます

f:id:okachimachi_junktion:20221109010232j:image

2022年11月8日、水星の魔女オープニングテーマであるYOASOBI「祝福」の限定版が発売しました。

開けるのもったいないな〜。

って思った5秒後には我慢できずに開けていました。保管用買っとくべきでしたね。

 

さっそくやっていきましょう。

 

箱を見て開けていこう

f:id:okachimachi_junktion:20221109190942j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221109190945j:image

今回特別カラーのデミトレーナーとエアリアル用のシールが付属していますが、それぞれ「YOASOBI社」が関わっているという設定が付けられています。

会社は本編には出てこないと思いますが、アスティカシアに文化祭か何かで呼ばれて本人ボイスで出演するYOASOBIもそれはそれで見たい。

ガンダムシリーズにおいては西川アニキやビビアン・スーという前例がありますので、あり得ない話ではないでしょう。頼むぞ。

 

※2022年11月20日の7話でYOASOBIデミトレーナーが展示されてました。展開早いよ…。

 

f:id:okachimachi_junktion:20221109205413j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221109205417j:image

ひとつ開けるとテカテカの下敷きっぽいシートが入っています。

綺麗ですが、使い道は今ひとつ思いつかないですね。

一番くじのA3ビジュアルシートのようなものです。

f:id:okachimachi_junktion:20221109205420j:image

歌詞カード。裏側からWebに掲載されている「ゆりかごの星」が読めるようになっています。

f:id:okachimachi_junktion:20221109205424j:image

ディスク。

iTunes Storeが始まってからCD媒体で音楽を買うことがほぼなくなっていたので、なんだか久しぶりに見るような気がしますね。

調べたら、2005…もといD.C.7年の聖飢魔II「オールスタンディング処刑 THE LIVE BLACK MASS D.C.7」以来のCD購入でした。

f:id:okachimachi_junktion:20221109205427j:image

デミトレーナーの箱。

外箱の派手さとは裏腹にシンプル寄りに出来ています。

 

ランナーを見ていこう

f:id:okachimachi_junktion:20221109205430j:image

Aランナーは落ち着いた色合い。

メインカメラだけクリアパーツです。
f:id:okachimachi_junktion:20221109205434j:image

Bランナー。
f:id:okachimachi_junktion:20221109205437j:image

毎回この横はいりランナーを見ると思うんですけど、どうやって抜いてるんでしょうねf:id:okachimachi_junktion:20221109205440j:image

Cランナー。
f:id:okachimachi_junktion:20221109205442j:image

いつも2パーツで行くところも、なるべく1パーツで行こうという執念を感じますね。

f:id:okachimachi_junktion:20221109212448j:image

特製シール。

青色のラインがメッキ調に光り、ネオンライトのようです。

f:id:okachimachi_junktion:20221109205448j:image

エアリアル用のシールも付属。

こちらはエアリアルが余ったら使うことにしましょう。

 

f:id:okachimachi_junktion:20221109205451j:image

頭は首がないデザイン。

同じく海老川兼武氏デザインのブレイディハウンドと同じですね。
f:id:okachimachi_junktion:20221109205454j:image

ちょんまげが動作します。

なんで可動するんでしたっけ…。

f:id:okachimachi_junktion:20221109205457j:image

決闘に不可欠のアンテナも付属。

アンテナ折られたら負けルールなんだからもっと太くて頑丈に作ったらいいと思います。

 

胴体

f:id:okachimachi_junktion:20221109205500j:image

胸側が板状になっていて、肩関節を追加する構造なのはルブリスとエアリアルと同様。f:id:okachimachi_junktion:20221109205505j:image

シリーズでは低価格帯プラモですが、パーツ分割による色分けはとても優秀ですね。

 

f:id:okachimachi_junktion:20221109205508j:image

腕は合わせ目が出来るとそれを覆うパーツで隠していくような構造。

前腕に合わせ目が出ないだけでもかなり見栄えがいいです。これもブレイディハウンドと同じですね。
f:id:okachimachi_junktion:20221109205511j:image

肘関節が1軸で単独だとそんなに可動しませんが、肩可動が優秀なので不足なく見えます。f:id:okachimachi_junktion:20221109205514j:image

脇が大きく上がるので、ファイティングポーズも決まります。

 

f:id:okachimachi_junktion:20221109205517j:image

腰は噂の1パーツ空洞抜きです。

f:id:okachimachi_junktion:20221109205521j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221109205524j:image

腰は上のお皿部分が前後に動作するため、ダイナミックなポージングが可能になっています。

 

f:id:okachimachi_junktion:20221109205527j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221109205530j:image

脚は太ももとスネが筒状パーツで、ここも合わせ目が出ない構造です。

新しめのプラモはここが嬉しいですね。

いずれ、合わせ目という言葉自体が過去のものになっていくのかもしれません。

 

付属品

f:id:okachimachi_junktion:20221109205533j:image

付属品として主張が激しい盾、バックパック、ライフル、デミトレ棒が付きます。

バックパックはいつもどおり共通2軸ですので、キミだけのコアドッキングカスタムを楽しもう。

 

完成f:id:okachimachi_junktion:20221109205536j:image

完成。

3ランナーしかないこともあり50分ほどで完成しました。

入門用にはうってつけの簡単インスタントぶりです。

 

ライフル、盾ともに腕の3mm穴と手の2ヶ所を使用して保持するので、ポロリがなく遊びやすい作りになっています。
f:id:okachimachi_junktion:20221109205540j:image

尻にYOASOBIって書いてあるのがシュール。f:id:okachimachi_junktion:20221109205543j:image

盾の自己主張が非常に強いですね。


f:id:okachimachi_junktion:20221109205546j:image

同デザイナーのブレイディハウンドと並べて。

配色的にはブラッド機とも並べたいですねー。

f:id:okachimachi_junktion:20221110002450j:image

小隊感が出したかったのでブレイディハウンドをもう一体組みました。

小さい奴が1番つえぇの、フリーザ様みある。

 

 

組もうね

f:id:okachimachi_junktion:20221109205549j:image

というわけで祝福限定盤付属デミトレーナーでした。

ミーアザクのノリで本編に出てくれないですかね。

 

 

サヨナラ

【レビュー】アクションベース6はHG標準サイズプラモを接地状態でミニマルに飾れるし、30MSにもジャストサイズなのでたくさん欲しい

f:id:okachimachi_junktion:20221104001851p:image

 

 

組んだもの

 

アクションベース6が発売しましたね

f:id:okachimachi_junktion:20221104001945j:image

2022年10月29日、アクションベース最新作であるアクションベース6が発売しました。

9月23日発売のFigure-rise Standard トウカイテイオーを始め、スレッタや悟空にも付属していたのでそちらで良さを体験済みの方もいるのではないでしょうか。

今回はアクションベース6単体でのレビューをお届けします。

 

やってやりましょう。

 

ランナーを見ていこう

f:id:okachimachi_junktion:20221104002031j:image

今回のアクションベース6は2個セットでの販売。

同ランナーが2個並んだ作りです。

f:id:okachimachi_junktion:20221104002142j:image

こちらがスレッタに付属していたもの。

分かってはいましたが同じものです。

1ランナーなので省コスト、1個あたり330円という破格値となっています。

今後のフィギュアライズには基本的に付属するのかもしれないですね。

 

見た目

f:id:okachimachi_junktion:20221104003544j:image

こちらが標準の状態。

これまでのバンダイベースと比べると細身の作りです。

f:id:okachimachi_junktion:20221104003633j:image

関節を一つ抜いて低くすることも出来ます。

 

関節がほどよく固くて抜けにくい(抜けない)

f:id:okachimachi_junktion:20221104002342j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221104002349j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221104002352j:image

全関節が鍵穴上の凹凸パーツを合わせたあと回転させて固定するようになっています。

差し込んだ時の角度に戻してかなりの力で引き抜かないとパーツ同士の結合が解除できないので、ポロリが起こり得ない作りとなっています。

固さもほどよく、標準サイズの1/144ガンプラや30MS程度の重量ではたわみません。

アクションベース5では脚にハシゴを渡すように補助パーツを付けて重量を支えていたので細かな角度調整が難しい部分がありましたが、こちらは関節の固さだけで支えるので扱いやすくなっています。

 

アタッチメント

f:id:okachimachi_junktion:20221104002714j:image

先端部は2種類付属。

奥まったところの穴にも刺さるようになっています。

f:id:okachimachi_junktion:20221104002820j:image

さらに、先端ハサミパーツ、アクションベース5用アタッチメントも付属。

大きなプレートに複数ディスプレイさせるのも良いですね。

f:id:okachimachi_junktion:20221104002951j:image

多少ダイナミックにポージングしても大丈夫。

f:id:okachimachi_junktion:20221104003724j:image

3人飾ってもまだ余裕です。

 

ガンプラ接地ディスプレイ

f:id:okachimachi_junktion:20221104003021j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221104003025j:image

節を一つ抜けば、1/144標準サイズガンプラの股の下を支えることが出来、接地状態で低く飾ることが出来ます。

f:id:okachimachi_junktion:20221104003142j:image

今までのランナーベースもシンプルで良かったのですが、接合部がかなり高い位置になってしまう上に占有する面積も広めです。

アクションベース6なら最小限の高さと面積でシンプルに飾ることが出来ます。

 

ガールプラモにも

f:id:okachimachi_junktion:20221104003356j:image
f:id:okachimachi_junktion:20221104003830j:image

武装を付けない状態のガールプラモがすっきり飾れるので、たくさんお迎えしていても問題なし。

ガールプラモはとにかく数が増えがちですのでね、人数分持っておきたいところです。

f:id:okachimachi_junktion:20221104004710j:image

同じサイズなら問題ないので、メガミデバイスなどにもぴったり。

(顔にピントが合わなかったけどこのまま押し切ります。いいね)

 

組もうね

f:id:okachimachi_junktion:20221104003359j:image

アクションベース6でした。

とにかくほどよいサイズなので、これで飾れるサイズのプラモは全部これで飾りたい所存です。

 

 

サヨナラ

メタバース内でブログを書けるのかやってみた記事【immersed+MetaQuest2】

f:id:okachimachi_junktion:20221022225147p:image

 

使ってるもの

 

意外と違和感なく書ける

VR空間にいる御徒町ジャンクションです。

 

今回は

VRゴーグルのMetaQuest2と、immersedというPCの画面を仮想空間上に浮かべるアプリケーションで作ったバーチャルクソデカモニタでブログを書けるのかトライ」

してみた記事なのですが、すでにこの時点で普通に書けてしまっているのであまり面白味がありません。

思いついたことを雑に書いて終わろうと思います。

 

今、現実世界の外部キーボードでタイピングしているんですけど、キーボードに書かれている文字がまったく見えていません。

それでも普通にタイピングできているので、どうやら御徒町ジャンクションさんは無刻印キーボードを買ったとしても使いこなせるらしいことがわかりました。たいしたものですね。

逆に、無刻印キーボードだとタイピングが難しいようであるとなかなか実用が厳しいです。

対応したキーボードだと3Dモデルとしてメタバース内に持ち込めるみたいですけどね。

 

ここは外の世界と重ね合わせる表示(パススルー)がもっと進歩すれば、もっと扱いやすくなりそうです。

 

 

ちなみに今、VR空間上に浮かんだ横3メートルくらいの巨大なモニタを見てタイピングしているのですが、はたからみるとVRゴーグルとキーボードだけ持った不審人物がひたすらキーボードを叩いているという絵面になっています。

 

将来、VRゴーグルがメガネやコンタクトレンズと一体化して、誰もが現実の空間にバーチャルモニタを浮かべてバーチャルオフィスを構えられるようになれば、喫茶店でキーボードだけ持ってなにやら作業する人々という不審な光景が普通になっていくのかもしれませんね。

 

その場合、ゴーグル自体が低遅延の高速ネットワークに繋がって、VRゴーグル単独でVPNに接続しに行ってくれて、どこでも家やオフィスと同じような作業環境を手に入れたりできるといいですし、バッテリーは10時間くらいもってくれると助かります。

 

というわけで意外と普通に記事が書けてしまうことがわかりました。

今後の記事もちょくちょくバーチャルモニタで書いてるかもしれません。

 

 

 

サヨナラ