御徒町ジャンクション

毎回更新を楽しみにするようなブログではないものの、何かの拍子に検索でたどり着いた時ちょっと役に立つようなブログでありたい

【レビュー?】秒速5センチメートルを感じつつ岩下の新生姜ミュージアムに行こう

なあ、栃木って行ったことあるか?

 

目次

 

いざ世界の果て、栃木へ

秒速5センチメートルを観た方ならわかると思うんですが、栃木世界の果てです。

 

行くだけで心が削られてしまうほど遠く、例外なく電車が遅れ、書いてきたラブレターは風に乗って紛失します。

観てない方はなんのことかさっぱりだと思うので読み飛ばしてください。いつもの戯言です。

そんな世界の果てに屹立しておりますのが、我らが岩下の新生姜ミュージアムです。

f:id:okachimachi_junktion:20210224212010j:image

今回は岩下の新生姜ミュージアムの話します。

 

まず小山を攻略しよう

栃木を攻める前にまず落としておかねばならないのは東京から見て手前の駅である小山です。

コヤマじゃなくてオヤマですのでご注意ください。

間違えて読むと地元民との戦闘になります。

これまでのレベル上げ次第では苦戦を強いられるでしょう。

 

小山でぜひとも押さえておきたいのは、宇都宮線12番ホームにある「小山 きそば」さん。

f:id:okachimachi_junktion:20210224120930j:image

f:id:okachimachi_junktion:20210224121010j:image

f:id:okachimachi_junktion:20210224120952j:image

時期にもよると思うんですが、岩下の新生姜がたっぷりトッピングされた岩下の新生姜そばがあったらぜひ食べてみましょう。

特に寒い時期は体がポカポカになります。

生姜は末梢の冷えを抑えるので、相性は最高なのです。

f:id:okachimachi_junktion:20210224195349j:image

小山駅の岩下コーナー。既にここは岩下の支配下なのだ。

f:id:okachimachi_junktion:20210224195641j:image

ラブレターが吹っ飛んで行ったホーム。

f:id:okachimachi_junktion:20210224215852j:image

電車の本数はそれなりにないぞ!気をつけろ

 

本丸、栃木へ

f:id:okachimachi_junktion:20210224121338j:image

岩下の新生姜ミュージアムがある栃木駅に到着したら、北口を出てまっすぐ出ます。

f:id:okachimachi_junktion:20210224121413j:image

はま寿司のある角を右折して、あとは直線です。

はま寿司の誘惑に負けないように。

たまには負けてもいいです。

 

 

そして岩下攻め

f:id:okachimachi_junktion:20210224121458j:image

今回の目的地、岩下の新生姜ミュージアムです。

道中にたくさん看板がありますので、右折さえ間違えなければ迷わず到着できるでしょう。

f:id:okachimachi_junktion:20210224212939j:image

入り口にそびえ立つオベリスク

神です。
f:id:okachimachi_junktion:20210224212943j:image

機械兵です。強制戦闘になります。

 

いざ入館!

f:id:okachimachi_junktion:20210224213238j:image

f:id:okachimachi_junktion:20210224213233j:image

ペッパーくんを倒すと、ピンク色の空間が広がっています。

ちょうどひな祭りイベントバレンタインイベントが行われていました。

 

大量の色紙が迎える

f:id:okachimachi_junktion:20210224213115j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224213119j:image

f:id:okachimachi_junktion:20210224213123j:image

最初に現れるのは、大量の色紙です。

一つ一つ舐め回すように見ましょう。

 

歴史コーナーもあるよ

f:id:okachimachi_junktion:20210224213756j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224213801j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224213747j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224213752j:image

ミュージアムらしく、岩下の新生姜にまつわる歴史がわかるコーナーがあります。

ミュージアムらしいのはここまでです

 

残るは狂気

f:id:okachimachi_junktion:20210224214013j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224214038j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224214025j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224214006j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224213952j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224213958j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224214033j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224214029j:image

残りのエリアは老舗企業とは思えぬ程の自由極まりない展示です。

f:id:okachimachi_junktion:20210224213947j:image

特にプロジェクションマッピング高濃度の狂気なのでキミの目で確かめて欲しい。

 

 

お食事もあるよ

f:id:okachimachi_junktion:20210224214359j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224214355j:image

ミュージアムなのでカフェが併設されています。

このカフェ、ミュージアム併設のカフェにしてはやけに安い上に、岩下の新生姜を載せ放題です。

岩下の新生姜はボリュームパック換算で100gあたり265円、載せられすぎると利益なくなっちゃうんじゃないの?ってぐらい良心的です。


f:id:okachimachi_junktion:20210224214409j:image

カレー。800円。

コッテリ系のカレーにさっぱりする岩下の新生姜が載ってて抜群にうまい。

元々載ってる岩下の新生姜倍載ってます

チーズと卵も使ってるので、赤字じゃないの?と心配になる出来。


f:id:okachimachi_junktion:20210224214412j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224214351j:image

ついでに期間限定でチョコレートファウンテンも食べ放題!!

カフェで何か注文してれば無料。

おかしい。

 

お土産も買おう

f:id:okachimachi_junktion:20210224215519j:image

f:id:okachimachi_junktion:20210224195901j:image
f:id:okachimachi_junktion:20210224195905j:image

岩下の新生姜グッズしかないピンク空間です。

地元ではあまり見かけない「やみつき岩下の新生姜」を買いました。

唐揚げにかけるとおいしい。

 

行こうね

https://shinshoga-museum.com

これだけ見所いっぱいの岩下の新生姜ミュージアム、なぜか入場料無料なので一生に一度は行こうね。

f:id:okachimachi_junktion:20210224220131j:image

イライラ棒もあるよ

 

 

 

 

サヨナラ