御徒町ジャンクション

御徒町ジャンクション

プラモブログのような何か

【開封レビュー】遊戯王OCG DARKWING BLAST(ダークウィング・ブラスト)発売!もはやプリシク引けない芸人の御徒町に未来はあるのか

f:id:okachimachi_junktion:20220717002129p:image

 

ダークウィング・ブラスト発売しました

f:id:okachimachi_junktion:20220717002213j:image

2022年7月16日、遊戯王通常パックの新弾「ダークウィング・ブラスト」が発売しました。

今回、キャンペーンなどは特にありませんが、高レアのシングル価格が高めなせいかどこも売り切れていて買えないかと思いました。

売り場に並んでなかったんですが、レジで一か八か聞いてみたらあったのでかろうじて買えました。よかったね。

 

では、今回も気になるインチキ効果カードたちを眺めていきましょう。

 

新しいブラックフェザー

f:id:okachimachi_junktion:20220717002246j:image

《BF-無頼のヴァータ》

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに「BF-無頼のヴァータ」以外の「BF」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:自分メインフェイズに発動できる。レベルの合計が8になるように、このカードとチューナー以外のデッキの「BF」モンスター1体以上を墓地へ送り、「ブラックフェザー・ドラゴン」1体をEXデッキから特殊召喚する。このターン、自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

《BF-刻夜のゾンダ》

このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。③:墓地のこのカードを除外して発動できる。手札・デッキからレベル5以上の「BF」モンスター1体を特殊召喚する。その後、自分はこの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力分のダメージを受ける。

 

今回はブラックフェザーの新カードが多数収録されています。

ブラックフェザーは最初に出たブラストゲイルの後絶妙に使いづらい新規を大量に出したせいで、テーマ全体として玉石混合感がありますね。

今回の新カードは《ブラックフェザー・ドラゴン》と絡ませるぞという意志を明確に感じるとともに、結構実用性のあるカードが揃っています。

ブラックフェザーがフィールドにいる時特殊召喚できるいつもの効果を持つ《BF-無頼のヴァータ》は自身以外の素材をデッキから持ってきつつ《ブラックフェザー・ドラゴン》を展開可能。

デッキから落とす素材としては同じく新カードの《BF-刻夜のゾンダ》を選べば即墓地効果を発動できますし、デメリットのダメージは《ブラックフェザー・ドラゴン》が黒羽カウンターにしてくれます。なんという噛み合いっぷり。

f:id:okachimachi_junktion:20220717002932j:image

《BF-幻耀のスズリ》

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。「BF-幻耀のスズリ」を除く、「ブラックフェザー・ドラゴン」のカード名が記されたカード1枚をデッキから手札に加える。②:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。自分フィールドに「幻耀トークン」(鳥獣族・チューナー・闇・星2・攻/守700)1体を特殊召喚する。その後、自分は700ダメージを受ける。この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

《BF-無頼のヴァータ》はこれまた新カードである《BF-幻耀のスズリ》の召喚時効果でサーチできます。

《BF-幻耀のスズリ》で《BF-無頼のヴァータ》をサーチ、《BF-刻夜のゾンダ》を落としつつ《ブラックフェザー・ドラゴン》を出しそこから更なる展開に繋ぐ動きがこれらの新カードだけで成立しているのは非常に美しいですね。

 

メレオロジック・アグリゲーター

f:id:okachimachi_junktion:20220717003533j:image

《メレオロジック・アグリゲーター

レベル9モンスター×2体以上
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがX召喚に成功した場合に発動できる。EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。②:このカードのX素材の数まで自分の墓地のモンスターを対象として発動できる。対象の数だけこのカードのX素材を取り除き、対象のモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。③:このカードが墓地へ送られた場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。

墓地に任意のEXデッキモンスターを送る効果、墓地のモンスターとエクシーズ素材を入れ替える効果を持ちます。

ティアラメンツなど、墓地に送られた場合に発動する効果を持つモンスターの再利用に使えますが、かなりデュエル偏差値が高くないと使いこなすのが難しそうです。

 

世海龍ジーランティス

f:id:okachimachi_junktion:20220717074859j:image

《世海龍ジーランティス

効果モンスター1体以上
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:「世海龍ジーランティス」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。②:自分メインフェイズに発動できる。フィールドのモンスターを全て除外する。その後、この効果で除外したモンスターを可能な限り元々の持ち主のフィールドに表側表示または裏側守備表示で特殊召喚する。③:自分・相手のバトルフェイズに発動できる。フィールドの相互リンク状態のモンスターの数まで、フィールドのカードを選んで破壊する。

 

場のモンスターを一旦除外し、なるべく元に戻すモンスター。

特殊召喚をするので、特殊召喚がトリガーになる効果を再利用

・コントローラーの場に戻すので、壊獣が帰ってくる

・蘇生制限をクリアできないモンスターやトークンは除去されたまま

・装備カードやエクシーズ素材のリセット

・裏側でもいいので、リバース効果の再利用や厄介なモンスターの封殺にも使える

・素材はリンク4を1体でもいい

と、複数の特徴を持ちます。

これもデュエルタクティクスが強くないと使いこなせなさそうなカードですが、とりあえずクローラーに雑に突っ込んでおこうかなと思います。

クローラーならリンク2が3体並ぶことも珍しくないし、それで2枚対象に取らない破壊出来れば十分な活躍ですからね。

 

深淵の獣ルベリオン

f:id:okachimachi_junktion:20220718215539j:image

《深淵の獣ルベリオン

このカードは通常召喚できない。「深淵の獣ルベリオン」は1ターンに1度、自分フィールドのレベル6以上のドラゴン族・闇属性モンスター1体をリリースした場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から墓地へ送って発動できる。デッキから「深淵の獣ルベリオン」以外の「ビーステッド」モンスター1体を手札に加える。②:自分メインフェイズに発動できる。デッキから「烙印」永続魔法・永続罠カード1枚を選んで自分フィールドに表側表示で置く。

 

新テーマ「ビーステッド」の万能モンスターサーチ札。

ストーリー目線では《デスピアの道化アルベル》が竜化した《神炎竜ルベリオン》がさらにビーステッドと化したような存在です。もう何が何だかわからないので、マスターガイド7の発売が待たれます。

これからビーステッドが増えるたびに存在感を増す札になるはずなので、2枚(しかも片方プリシク)出てくれたのは大変ラッキーでした。

 

春化精の女神 ヴェーラ

f:id:okachimachi_junktion:20220718220846j:image

《春化精の女神 ヴェーラ》

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールを得る。この効果でコントロールを得たモンスターは地属性になる。②:相手ターンに、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。③:1ターンに1度、相手が発動したモンスターの効果処理時に、自分フィールドに地属性モンスターが5体以上存在する場合、その発動した効果を無効にし破壊できる。

 

普通こういうカードってコントロール奪取がエンドフェイズまでだったり、墓地蘇生効果にしても自身をリリースする必要があったりテーマに限定されてたりすると思うんですけど、なぜかどっちの効果も永続だったりノーコストだったりでやけに強いカードです。しかも5体地属性モンスターを揃えるとモンスター妨害まで備えます。

天使族デッキでは大抵最上級天使族が特殊召喚しやすくなっているので、①の効果目当てであれば春化精デッキでなくても差しておけそうです。

 

そんな感じでした

f:id:okachimachi_junktion:20220718221947j:image
f:id:okachimachi_junktion:20220718221951j:image

もはやプリシク引けない芸人と化していましたが、久しぶりにきてくれて満足です。

カルテシア?白銀姫?知らない子ですね…。

 

 

サヨナラ