御徒町ジャンクション

御徒町ジャンクション

プラモブログのような何か

【雑記】御徒町ジャンクションとは何なのか【記事100個目を祝うタイミングを完全に逃した記事】

100記事目ありがとうございます

okachimachi-junktion.hateblo.jp

 

御徒町ジャンクション100記事突破!!

弊ブログ「御徒町ジャンクション」この度累計100記事を達成しました!

実はだいぶ前に突破してたんですが、完全に見落としてました。

 

ブログは100記事まではチュートリアルという格言もあるとかないとかなので、無事100記事を迎えられたこと、読んでくださっている皆様に感謝申し上げたいと思います。

ちなみに100記事目は尖った味のポテチレビューというメモリアル感がまったくないものでした。

 

御徒町ジャンクションって何なのよ

100記事を記念いたしまして、御徒町ジャンクションの由来についてお伝えしたいと思います。

そもそも御徒町というのは、東京都に存在する地名で、「オカチマチ」と読みます。

上野からアメ横を通って、アメ横の終着点に存在する駅が御徒町なので、ほぼ上野とお考えください。

f:id:okachimachi_junktion:20210625140219j:image

東京のど真ん中なので本来ジャンクションはありません

そのため、「御徒町ジョンクション」には「存在しないもの」「意外なもの」という意味合いが込められています。

 

junktionとは

ジャンクション」は本来「junction」という綴りなのですが、当ブログは「junktion」という綴りになっています。

本来の「junction」は複数の道が交差するところという意味があります。

そこに「ガラクタ」を意味する「junk」を組み合わせた造語です。

ラクタが集まる未知の場所

それが御徒町ジャンクションの由来です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうのを全部今考えたんですけど、

せっかくなので後の世の教科書にはさっきの与太話の方を記載いただきますよう、何卒よろしくお願いします。

 

 

サヨナラ