御徒町ジャンクション

御徒町ジャンクション

プラモブログのような何か

【実食】カップラーメンになった一蘭は我々の知る一蘭なのか

味集中!!!

 

 

 

一蘭カップ麺になったよ

味集中カウンターでお馴染みの一蘭が2021年2月、カップ麺になりました。

袋麺では発売済みでしたが、カップ麺は初めてです。

2021年2月17日現在プレ値なので注意。公式サイトでは待つみたいですが注文可能です。

おみやげ一蘭 公式通販

 

 

商品概要

f:id:okachimachi_junktion:20210217212455j:image

出典: 一蘭 とんこつ | 特設サイト

490円です。

カップ麺としては超高額の域なので、「お店の一蘭の半額で食える」と自分を納得させましょうね。

 

外観

f:id:okachimachi_junktion:20210217212712j:image

こちらが実物です。ローソンで買えましたが、残り2つしかなかったので人気のほどが伺えます。

右に写ってるのは炭治郎の血痕(メタレッド)です。

okachimachi-junktion.hateblo.jp

 

 

 

f:id:okachimachi_junktion:20210217212849j:image

カップヌードルとサイズを比較してみましょう。

内容量的には大差ないんじゃないでしょうか。

 

f:id:okachimachi_junktion:20210217213617j:image

美しいので撮影ブースを用意しました。

最初からやれ

 

f:id:okachimachi_junktion:20210217213919j:image

バーコードが味集中カウンターになってるんですね〜!

やったー!味集中カウンター大好き!!

 

作り方

作り方ですが、まずゆで卵を茹でます

f:id:okachimachi_junktion:20210217222945j:image

ラーメンが4分で出来上がりますので、出来上がりの1分前に茹で上がるように調整してください。

これが必要な理由がわからない方は一蘭カップ麺を買ってないと思うので説明は省略します。

 

f:id:okachimachi_junktion:20210217223500j:image

f:id:okachimachi_junktion:20210217223511j:image

ラーメンも見ていきましょう。

粉、液、辛いやつがついています。

3つの力が揃うと強いのはディメンション・トラップ・ピラミッドの件でご存知のはず。

 

f:id:okachimachi_junktion:20210217223558j:image

開発者に敬意を表して、お湯はきっちり入れます。

 

完成へ

f:id:okachimachi_junktion:20210217223619j:image

液の後に粉を入れます。

ゴリゴリの科調山盛りに海原の若旦那も大激怒です。

 

f:id:okachimachi_junktion:20210217224235j:image

最後に辛いやつ(秘伝のタレ)を入れて完成です。

 

実食

麺を啜った瞬間の一蘭再現度は極めて高い

鼻に抜けるスープの味わい、麺の粉感に至るまでかなり一蘭です

お店を100一蘭としたら90一蘭ぐらいは取れてます。

 

麺のコシが追いついてない

プツプツ切れる感じの食感のため、麺を噛み始めると途端にカップ麺という現実に引き戻されます。

噛んでいる最中の一蘭再現度70一蘭といったところ。

 

秘伝のタレは思ったより多い

辛さに耐性のない方は注意してください。

一蘭で最初に書く注文書基準で、基本量以上は入ってそうです。

その注文書に「初めての方は1/2倍がおすすめ!」って書いてあるとおり、このカップ麺も秘伝のタレ全部使おうとすると辛くなりすぎる懸念があります。

様子を見ながら足していくべきでしょう。

普段1/2倍量で頼んでいるので、最初からタレを全部入れちゃうと最後の方辛かったです。

 

替え玉を頼めないことが痛恨の極み

麺と比べてスープの再現度が良いのでここは残念。

 

具はない

卵を2個茹でといて良かった。

 

 

総評

思ったよりかなり一蘭寄りでした。

これで本物の味はもっと良かったな一蘭てこんな味なんだ、お店にも行ってみようかな…と思っていただけるような出来であったと思います。

名前だけ貸したようなよくわからないカップ麺がひしめく中、これだけ誠実に一蘭を再現してきた開発者の方々には敬意を表さざるを得ません。

490円は結構高いのでリピするのはちょっと勇気が要るんですが、話のタネに一個、とかお土産に、とかって需要は十二分にありますし、その期待に応えられる良アイテムでした。

 

 

 

 

サヨナラ

帰ってきたホフディラン

帰ってきたホフディラン